2018年04月30日

プリンスリーグ第5節

JFA U-18 プリンスリーグ2018四国 第5節
@Pikaraスタジアム 13:30〜
香川西 2-5 愛媛FC U-18 (前半2-1/後半0-4)

ナイスゲーム!
前半ちょっとバタバタして反省点もありますが、良い内容の試合だったと思います。
前半の1失点目はコーナーキックからマークを外され、ドンピシャのヘディングを決められたもの。
2失点目はカウンターからだったと思いますが、右からのセンタリングに対応しきれず同じような内容の失点でした。
でも前半の被シュートで記憶に残ったのはその2本だけ。
前半終了間際愛媛の得点は、波状攻撃のさなか、ボールが香川ゴール右横にそれ、攻撃も収束するかと思った矢先、愛媛選手がゴールライン際追いつき、中へ切り込んでからのラストパスをダイレクトシュートがものの見事に決まったゴールでした。
その前にも愛媛に惜しいシーンは幾つかありはしましたが、愛媛サイドへ持ち込まれた時のマークが危なっかしく、期待と不安が半々のまま前半を終了しました。
しかし後半はその不安を一掃し、ほとんど相手のサッカーをさせない展開でした。
前半4バックだったシステムを後半は3バックに変更したことが功を奏し、サイドハーフが駆け上がる展開やバイタルをうまく使ったサッカーがはまり、気が付けば後半だけで4得点!
FWにボールを預け2列目が抜け出すワンツーや、後ろからのパスを受け取るとすぐさま前を向き、「行くぞ」と言わんばかり一人で勝負をかけて切れ込むシーンは、見ていてワクワクさせてくれる内容でした。
ケンタ監督の戦術眼も素晴らしいと思いますし、それを理解し期待に応える選手たちも素晴らしい!
今後の活躍に期待です。目指せプレミア参入!
プリンスリーグは6月23日まで中断期間に入ります。
トップチーム同様熱く温かい声援で選手たちをサポートしたいと思いますので、お時間許される方は是非ご参戦をお願い致します。
 
IMG_6543.JPG
posted by 愛媛ゴール裏net at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 共同企画