2012年09月26日

岡山戦での衝突について

岡山戦にご来場された方はご存知だと思いますが、
私たち愛媛FCゴール裏サポーターと一部の岡山サポーターとの間で、
この日トラブルが起こりました。

ニンスタ中央広場で私たちが入り待ちをしている時、
一部の岡山サポーターが一平くんに対してひどい嫌がらせを行い、
その直後私たちに対して執拗な煽りを行いました。
これに業を煮やした私たちが注意を促した挙句に起きた小競り合いでした。

すべては大勢のお子様や親御さんの目の前での出来ごとでした。
コンコースで一部始終をご覧になった方はご理解頂けると思います。

私たちが行っているのはサッカーの応援そのものであり、
それ以外の何物でもありません。
岡山サポーターがなぜあのように逸脱した挑発行為を行い、
はたまた試合を楽しみに訪れたご家族の想いを阻害するのか
どうしても理解出来ません。

断固岡山事務局に抗議すると共に、返答を求めています。
今のところ何の連絡も無く返答の見込みはありませんが、
去年に続き2度目の揉め事であり、来年も同じ事が予想されますので、
毅然とした態度で臨みたいと思っています。
posted by 愛媛ゴール裏net at 22:20| Comment(12) | TrackBack(0) | 共同企画
この記事へのコメント
まずは日頃のゴール裏を中心としたサポート活動に対して、敬意を表すとともに感謝致します。

さて今回の一部の不謹慎な岡山サポーターにつての岡山事務局への抗議活動に心より賛同致します。

せっかく観戦を楽しみに来ているファンに不愉快な思いをさせる事は絶対にあってはならないと思います。

文中にもありますが、岡山事務局から何の反応も無い場合、愛媛FC事務局を通じての抗議活動も避けられないかと個人的には思います。

そして、二度と同じ様な事が起こらない様に一日も早く改善の方向へ向かう事を祈ります。
Posted by 一般サポ at 2012年09月28日 05:42
愛媛サポーターの総意なのでしょうか?
Posted by 新居浜 at 2012年09月28日 09:57
私も愛媛FC事務局を通して話するのがベターだと思います。
サポーター同士のちょっとしたいざこざ程度に扱われてしまう懸念があるからです。

過去に愛媛FC事務局は数人の愛媛FCサポーターに対して出入り禁止等の処分を下してきました。

それはJリーグの運営規定に抵触したという理由もあったかと記憶しています。

そうであれば、アウェイサポーターに対してもホームチームのフロントとして厳しく対処して当然だと思うからです。

決して内弁慶なフロントであってはならないと思います。
Posted by オレンジ at 2012年09月28日 12:03
何度も申し訳ありません。
午前中にもコメントさせて頂きましたが、ゴール裏からの発信という事は、愛媛サポーターの総意という事ででよろしかったでしょうか?

私も微力ながら愛媛FCを応援しております。
Posted by 新居浜 at 2012年09月28日 18:48
私たちの団体はサッカーバカの集まりです。
また愛媛バカの集まりでもあります。
純粋にサッカーの楽しさとサポーター文化の素晴らしさを、子供さんから大人の方まで広く県民の皆さまに知って頂くために活動しています。
せっかく愛媛に誕生した僕らのJリーグチーム愛媛FCなのですから、みんなで応援しクラブを盛り上げ、自分たちも楽しみたいと常に思っています。
サポーターの総意とか考えた事ありません。自分たちのやり方が正しいのかどうかも分かりません。
だけど僕たちは愛媛という片田舎でありながら全国を見据え、何よりも選手たちの活躍できる雰囲気作りを行うため、信念を持って活動しています。もっとサポーターを増やすための取り組みも行いたいですし、やりたい事は山のようにあります。
以上お察し下さい。これ以上のコメントは控えさせていただきます。
Posted by 管理人 at 2012年09月28日 22:07
コメントに対する返事は頂けないのでしょうか?
総意かそうでないかにより、意味合いが大きく違ってきます。
私は純粋に愛媛FCが好きで、まったり観戦ではありますが自分なりの応援をして参りました。
総意と申されるなら、私は愛媛FCのサポーターではなくなる様な気がします。
Posted by 新居浜 at 2012年09月28日 22:13
私は岡山サポーターですが、今回のことは伝え聞いただけで目撃したわけではありません。
当事者を批判する気も擁護する気もありませんが、個人的にではなく愛媛事務所を通して岡山の事務所に訴え出るべきだと思います。
個人的にでは、ただの個人的意見で解決しないと思いますし、解決の見通しはないと思います。
Posted by 岡山サポ at 2012年09月28日 22:27
新居浜さんへ

ゴール裏の方は彼等なりの思いがあって今回の行動を取ってるんだとおもいます。
また、今回の事をなんとも思わない方もたくさんいらっしゃるとおもいます。

だから新居浜さんが今回の事に対して抗議をする意思がないならそれはそれでよろしいんじゃないですか?
ゴール裏の方と違う考え方をしたから自分がサポーターじゃない気がするというのはおかしいですよ。

愛媛FCを愛する人はみんな立派なサポーターですよ。
Posted by オレンジ at 2012年09月29日 11:03
私は残念ながらこの日現地にはいなかったのですが、書いてある経緯をみれば、おさまらない気持ちもわからなくはないです。

ですが、この表現では、岡山側と喧嘩になって、腹が立ったから抗議しました、というだけになってしまいます。

愛媛FCを応援する人達の代表である皆さんが、「皆さんも見てたでしょ、悪いのは全部向こうなんですよ」という子どもの言い訳のような言葉を使うのは、正直言って格好悪いです。

まずは何を差し置いても、トラブルが起き、それによってご来場の方々が不快な思いをされたであろうことに対して、謝罪をしていただきたかった。

それが、代表者としての責任ではないでしょうか。


それに、何事かを改善しようとするとき、一方的に相手に責任を押し付けるだけでは、まず成果は得られません。

抗議ではなく、きちんと話し合いをして、握手で終わるようにしなければ、前には進めませんよ?


愛媛FCを愛するひとりとして、もう少し大人の対応をしていただきたいと願います。

長文失礼いたしました。
Posted by 通りすがりの一般サポ at 2012年09月29日 11:35
オレンジ様へ
分かりやすい御意見、ありがとうございました。
オレンジ様のお話で納得致しました。
私が疑問に思っていました総意かそうでないかは、管理人様がその様な事はお考えになられた事が無いと掲示板で御返事を下さったので理解致しました。
管理人様はゴール裏という言葉を私的意見で使われて今回のブログにお書きになられた。
それで納めました。
数々の御面倒、申し訳ありませんでした。
ですが私は愛媛FCの事が好きです。
ゴール裏の皆様とは思いや考え方、行動は違えど今後も私なりに応援して参ります。
オレンジ様が愛媛FCを愛するサポーターと仰って下さった事を嬉しく思います。
明日も試合に行くつもりなので、管理人様、オレンジ様とお会い出来たらいいなと思っています。
Posted by 新居浜 at 2012年09月29日 12:15
今回の問題は昨年からの延長上にあります。昨年私の目の前で今年も問題を起こした相手チームのコアサポと思われる(人相、髪?型で簡単に特定できました)グループがチームマスコットに度を越した悪ふざけをしているのを目撃し、直ちにクラブへ通報し、相手に対して厳正なる抗議をするよう申し入れをしました。しかしながら結果は皆さんご存知の通り何も変わらずでした。
今回このような警察も出てくるような問題を起こしたのは去年の始末をなあなあで済ませたからだと思います。今回もクラブの方へは関係者を通じて事の経緯と問題を起こした者の特定、相手クラブへの抗議と処罰の要求を行うよう、現在厳しく申し入れています。
スタジアムでの相手チームサポーターへの挑発行為はJリーグの観戦規則に明らかに反する行為です。ここで癌を摘出しておかなければ来年さらにエスカレートした事態に発展する可能性も充分あります。
Posted by メインC席サポ at 2012年09月29日 15:41
ブログを読ませていただいた限りでは、詳細わかりませんが、この程度ではおそらく岡山に限らずどこのクラブも動かないと思います。


名前からわかるように、私は浦和レッズサポですが、J1来れば恐らく想像されてる以上の煽り合いをやってます。

それを全面的に肯定はしませんが、完全に無くすのは不可能でしょう。


昨年も岡山戦であったのなら、お金はかかりますが、警備員増やすとか導線をいつもの試合と変えるとかしないとダメだと思います。


欧州なんかは、アウェイサポが同じ電車に乗らないように、電車ごと別にしていて驚きました。


岡山に抗議すると同時に、運営責任を負うホーム側も考えるべきだと思いますよ。
Posted by うらわれっず at 2012年10月01日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58545045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック